新入社員で初任給までお金がない お金を借りたい

入社したての頃、初任給まで日が遠くて、食べるものも困っていました。

入社祝いを親戚などに貰っていましたが、引越しの資金や家電、日用品などで使ってしまっていたのです。

一人暮らしを始めるのが、そんなにお金が掛かるものだとは思ってもいませんでした。

かといって就職しているのに、親に仕送りを頼むのも躊躇ってしまいました。

そんな訳で、その頃は昼食を安い菓子パンと、ジュースだけで済ませていたのですが、それを見かねた職場の先輩が、お金を貸してくれました。

1万円でしたが、当時は涙が出るくらい嬉しかったです。

会社の帰りに、家の近所のラーメン屋でお腹いっぱい食べた事を今でも忘れません。

今考えれば、いつ辞めるかも分からない様な新人にお金を貸すなんて凄い事です。

以来、その先輩には頭が上がらず、少しでも仕事でフォロー出来るようにと動いています。

こうなる事を予想して動くような人ではなく、素でそんな世話の出来る職場の先輩に憧れます。

後にも先にも、知人にお金を借りたのはこれっきりです。

良い経験になったと思います。

更新日: