罰金とはいえ・・・

  • 投稿日:
  • by

以前水商売で仕事をしておりました。オーナーとは昔から友人で何か金で困るたびに私から金を貸してあげてました。

以前より、私とは一緒に仕事がしたいと言っており、そのお店で働くことになったのも、熱心に誘いをいただき、渋々一緒に働くことを承諾しました。

オープン当初は売り上げも乏しく、スタッフに支払う給料さえも苦しかったです。オーナーは私に「○○万貸してほしいんです。」と言ってきたので、給料日が来れば金を貸し、売り上げが立つ日は私へ借りていた金を返済してきました。

しかし、水商売のお店。女の子も可愛いのは当然。スタッフのうちの一人に私は気に入られ、何度か食事に行くことになりました。

いつしか、そのオーナーの耳に入り、激が飛んできました。私の中では食事行っただけだし、お前には金を貸しているんだからいいだろうと思ったので、そのことを話すと、それとこれとは違うといわれ、挙句の果てにはヤ○ザまで出す大騒ぎ。

仕方なく罰金として○百万を支払うことになりました。そこでそのオーナーとは縁が切れましたが、さすがの私も○百万を払ってしまったため、生活費が乏しくなってしまったのです。

そこでプロミスさんの無人ATMがあったので、手続きをし金を借りました。今の時代の審査はいたって簡単。

身分証明書を提示して、勤務先へ在籍しているかの確認のTELが入るだけ。それだけのことで○百万借りれました。